本文へスキップ

スポーツの審判員の資格ガイド

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

プロ野球審判員

的確な判断でプロ野球を支える

■仕事内容

4人の審判員が試合を進行 
プロ野球の試合でプレーの判定を下す。プロ野球の試合は審判員4人で行われ、球審が1人、塁審が3人である。試合中は、長時間立ち続けで一瞬たりとも気が抜けない。的確な判断を下すためには、相当の体力と気力が必要となる。


■取得方法

審判員養成講座に応募 
以下はセ・リーグの審判員養成講座の募集概要となる。例年6回ほど開講され、募集人数は5〜10人程度。


■詳細情報
受験資格: 以下の条件を満たす者。(1)24歳位まで。(2)裸眼視力1.0以上。(3)将来、セ・リーグ審判員となることを希望する者
受講資格: 書類審査(履歴書、小論文)に合格した者に実技テストを行い、受講生を決定する。
講習日: イースタン・リーグシーズン中の土曜日または日曜日、月に1回から複数回、球場で開講。受講生はこれに参加する。
講習地: 随時、通知する


■問い合わせ先
(社)日本野球機構 セントラル・リーグ運営部またはパシフィック・リーグ運営部
住所:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルタワー14階
TEL:03-3502-0022




審判員