本文へスキップ

軟式野球審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

軟式野球審判員

日本で考案された軟式野球をジャッジ

■仕事内容

ルールに添って試合を進行 
日本で考案された軟式野球。その入公認野球規則にのっとって、選手がルールに従ってプレイしているか、違反はないかを厳しくチェックしながら試合を進行するのが仕事である。ルールに精通していることはもちろんのこと、公正な態度、的確な判断力、体力なども要求される。


■取得方法

地域の軟式野球連盟に加入 
軟式野球の審判員になるには、居住(または勤務)地域の軟式野球連盟に加入申込みをする。
 
各連盟の事情で受け入れの状況は違っているが、講習を受け、試験に合格すると、市区町村軟式野球連盟公認の審判員として、正式に登録されることになる。その後は、実績に応じて都道府県軟式野球連盟に登録され、大会に派遣される機会が出てくる。講習の概要は以下の通り。


■詳細情報
受講資格: 軟式野球連盟各支部の加入者で、休日・平日に時間調整のできる者。
講習内容: 実技、筆記
講習日・講習地・受講料: 支部によって異なる


■問い合わせ先
(財)全日本軟式野球連盟
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷4-27-7
TEL:03-3404-8831




審判員