本文へスキップ

JAF公認審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

JAF公認審判員

モータースポーツ競技を運営する

■仕事内容

3種の役務で競技を進行 
JAF公認審判員とは、モータースポーツが規則に基づいて正当かつ公平に行われるために、競技運営にたずさわる者のこと。審判員の役務は技術委員、コース委員、計時委員の3つに分かれ、それぞれが的確に任務を行うことで競技をスムーズに進行させている。3種の役務には競技、経験、能力などによってそれぞれ、B(3級〜1級)とA(2級、1級)のランクがある。


■取得方法

B3級からスタート 
B3級公認審判員の許可証を取得するためには、JAF競技運転者許可証所持者であるか、講習会(Bライセンスと同じ)を受講しなければならない。


■詳細情報
受講資格: JAF会員である者
講習科目: 講義 ※2級以上は筆記試験あり。
受講日: ホームページに掲載
講習地: 全国各地
受験料: 12,200円(2種目め以上4,000円) ※ほかに教材費が必要。


■問い合わせ先

(社)日本自動車連盟モータースポーツ部
住所:〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 日本自動車会館13階
TEL:0570-00-2811(ナビダイヤル)




審判員