本文へスキップ

セーリング公認ジャッジ

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

セーリング公認ジャッジ

ヨット競技の公正な審判を下す

■仕事内容

国際セーリング競技規則で判断 
国際セーリング競技規則に従って忠実にジャッジを行う。B級とA級があり、B級は地方大会、A級は全日本選手権大会におけるプロテスト委員長およびメンバーになることができる。 A級は、B級取得後5回以上のジャッジ経験が必要となる。


■取得方法

協会員になって推薦を得る 
まずは、日本セーリング連盟の会員になること。そして、連盟加盟団体から推薦状を得て、ルール講習会に参加し、修了後テストに合格する。以下はB級の実施概要となる。


■詳細情報
受験資格: 日本セーリング連盟会員で年齢18歳以上、3年以上のセーリング歴を有し、レース運営・ジャッジの経験が過去2年間で3回以上の者
試験科目: 国際セーリング競技規則
試験日・試験地: 連盟ホームページに随時掲載
受験料: 3,000円
合格率: 約80%


■問い合わせ先

(財)日本セーリング連盟
住所:〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2357




審判員