本文へスキップ

日本ゲートボール連合審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

日本ゲートボール連合審判員

ゲートボール競技をジャッジする

■仕事内容

全国大会レベルは1級が必要 
高齢者を中心に人気を集めるゲートボールの審判を務める。審判員には3級〜1級まであり、3級は加盟団体主催・後援大会や連合主催大会の記録員、2級は加盟団体主催都道府県単位・対抗大会や連合主催大会の副審・記録員、1級は全国大会などで審判する。


■取得方法

講習会修了後、試験を受ける 
日本ゲートボール連合に加盟している都道府県団体(以下、加盟団体)が行う指定講習会を修了後、資格試験を受ける。合格後、登録手続きを行うことで審判員証が交付される。


■詳細情報
受験資格: 3級=16歳以上。 2級=3級資格取得後1年以上の審判実務経験(競技大会に5回以上参加)のある者。 1級=2級資格取得後2年以上の審判実務経験(競技大会に10回以上参加)のある者。
試験科目: 3級=筆記 2級・1級=筆記、実技
試験日・試験地: 加盟団体に問合せのこと
受験料: 3級=3,000円、2級・1級=4,000円
合格率: ほぼ100%


■問い合わせ先

(財)日本ゲートボール連合
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-16 海洋船舶ビル2階
TEL:03-3580-9397




審判員