本文へスキップ

バレーボール公認審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

バレーボール公認審判員

Vリーグとともにはばたく

■仕事内容

JVA主催試合や国体で活躍
日本バレーボール協会(JVA)が主催する大会やVリーグ、国体などの公式試合の審判を行う。C級、B級、A級候補、A級、名誉、レフェリーインストラクターの6種類に分かれる。
 
さらに、A級公認審判員の中から、英語力・技術力が高く、JVAから推薦された者でないとなれない国際審判員がある。


■取得方法

講習会の受講など 
各級によって多少異なる。B級およびC級の場合は、都道府県協会が主催する講習会・研修会に参加し、都道府県協会で審査のうえ推薦された者をJVAが認定する。以下はC級の概要。


■詳細情報
受験資格: 18歳以上で、都道府県協会主催の講習会(6人制・9人制)を受けた者
試験科目: 筆記=6人制、9人制の競技規則に関する問題
実技=主審、副審、記録員、ラインジャッジ
試験日・試験地・受験料: 都道府県により異なる
合格率: ほぼ100%


■問い合わせ先

(財)日本バレーボール協会
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-8 ダヴィンチ千駄ヶ谷内
TEL:03-5786-2100




審判員