本文へスキップ

プロボクシング審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

プロボクシング審判員

リングの上の“裁判官”

■仕事内容

迅速かつ冷静に判断 
プロボクシング審判員とは、全国で行われる公式試合の審判員を指し、おもに、レフェリー、ジャッジなどと呼ばれている。リングでは殴り合いの激しい試合が行われ、一歩間違えれば大事故にもなりかねない。迅速かつ冷静に判断できるかが腕の見せどころだ。


■取得方法

1年の研修後、試験へ 
試験は、まず面接後1年間の研修を経て、資格テストを受験。テストに合格すればボクシング審判員の資格が与えられる。
 
経験、学歴などは問われないが、ある程度ボクシングに精通していることが望ましい。


■詳細情報
受験資格: 25歳以上で心身ともに健全な者、時間的に余裕のある者(ボクシング経験は問わない)
試験科目: 日本ボクシングコミッション試合ルール
試験日: 随時予定
試験地: 日本ボクシングコミッション事務局
受験料: 無料


■問い合わせ先

(財)日本ボクシングコミッション
住所:〒112-8575 東京都文京区後楽1-3-61 東京ドーム内 
TEL:03-3816-5761




審判員