本文へスキップ

アマチュアボクシング公認審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

アマチュアボクシング公認審判員

未来のボクシング・チャンピオンを見守る

■仕事内容

3回戦のジャッジを務める 
アマチュアとプロとの大きな差は、まず競技規則が異なることがあげられる。階級を含め、採点法が異なる。また1試合で前者が3回戦ないし4回戦または6回戦に対し、後者が4回戦ないし12回戦を行うという違いがある。
 
アマチュアボクシング公認審判員は、審判歴によりA級、B級、C級の3ランクがある。


■取得方法

連盟の認定試験を受ける 
C級は都道府県連盟、B級は地域連盟審判長、A級は日本アマチュアボクシング連盟の審判委員会が実施する認定テストを受ける。また、国際試合の審判資格を取得するには、アジアビューロー(アジア地域)やAIBA(国際アマチュアボクシング協会)のテストを受ける。


■詳細情報
受験資格: C級=23歳以上で非公認でも2年以上の審判歴をもつ者。 B級=C級取得後2年以上の審判歴をもつ者。 A級=B級取得後3年以上の審判歴をもつ50歳未満の者。
試験科目: 実技、筆記
試験日・試験地・受験料: 問合せのこと


■問い合わせ先

(社)日本アマチュアボクシング連盟
住所:〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2333




審判員