本文へスキップ

ウエイトリフティング公認審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

ウエイトリフティング公認審判員

公認記録の誕生に不可欠

■仕事内容

ジュリーまたはレフリーを務める 
競技は、スナッチとクリーン&ジャークの2種目がある。公認審判員には、1級、2級、3級の3種類があり、1級はジュリー(陪審員)およびレフリー(審判員)としての、2級・3級はレフリーとしての資格を有する。公認審判員の判定でないと記録は公認されない。


■取得方法

3級は経験なしでも可 
3級レフリーは20歳以上であれば経験は問われない。支部協会で実施する筆記テストに合格する。2級は、3級取得後3年以上の経験と10回以上の審判実績による書類審査で資格が得られる。1級は2級取得後5年以上の経験と15回以上の審判実績が必要。1級は、協会主催の全国規模の競技会で筆記および実技テストで合格することで取得できる。


■詳細情報
受験料: 1級=10,000円
認定料: 1級=10,000円、2級=7,000円、3級=5,000円
ライセンス料: 3,000円(2年間有効)


■問い合わせ先

(社)日本ウエイトリフティング協会
住所:〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2359




審判員