本文へスキップ

ボート公認審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

ボート公認審判員

ボートレースを公平に審判する

■仕事内容

競漕規則に基づいたレース運営 
日本ボート協会主催・主管の公認競漕会、ブロック大会および加盟協会主催・主管の各大会において、競漕する各グループが競漕規則に基づいた公平な条件のもとで戦えるように審判・運営する。C級〜A級、参与・名誉審判員の5種類があり、参与・名誉審判員は日本ボート協会審判委員長の推薦で同協会会長が委嘱。A級は都道府県協会の所属者の中から選考される。


■取得方法

実務経験や会長推薦などが必要 
飛び級では取得できず、B級・C級はそれぞれに下位級で4年〜6年以上の実務経験、各都道府県協会会長の推薦、研修会への参加が必要。 以下はC級試験の実施概要となる。


■詳細情報
受験資格: 満18歳以上で視力・聴力が正常な者
試験科目: 「競漕規則」「動作号令集」の内容から出題 ※協会のホームページを参照のこと。
試験日・試験地: 年20回程度 ※不定期開催
受験料: 1,000円
合格率: ほぼ100%


■問い合わせ先

(社)日本ボート協会
住所:〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2326




審判員