本文へスキップ

ボートレース審判員・検査員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

ボートレース審判員・検査員

モーターボートレースを支える“お目付役”

■仕事内容

レースの判定、進行を支える 
全国24か所にあるボートレース場で常に公正なレースが行われるよう、不正に対して目を光らせることが役目。審判員は、各種の機器によりレースの判定を行う。検査員は、出場選手やモーターボートの出走検査、レース中の各種事故の原因調査を行う。


■取得方法

やまと競艇学校で教育を受ける 
まず、日本モーターボート競走会の職員となり、「やまと競艇学校」(福岡県)に入学し、専門教育を1年間受ける。
 
卒業時に資格検定試験があり、これに合格すると資格が得られる。やまと競艇学校の募集概要は以下の通り。


■詳細情報
受験資格: 17歳以上35歳未満の者で、高等学校卒業程度の学力を有する者
試験科目: 身体検査、適性検査など
試験日: 随時
試験地: 福岡(やまと競艇学校)
受験料: 1,000円
合格率: 非公表


■問い合わせ先

(社)全国モーターボート競走会連合会
住所:〒108-8707 東京都港区三田3-12-12笹川記念会館7階
TEL:03-3454-5058




審判員