本文へスキップ

陸上競技審判員

審判員

審判

審判員の資格HEADLINE

陸上競技審判員

日本陸上競技連盟の公認大会で活躍

■仕事内容

大会の規模によって3種類 
日本陸上競技連盟が公認する大会の審判および運営を行う。S級、A級、B級があり、B級は18歳以上の登録会員。A級はB級取得後10年以上の経験者で、各加盟団体でその実績や技能を審査し合格した者。S級は年齢満60歳以上でA級を取得後10年以上経験した者。


■取得方法

まず加盟団体の登録会員になる 
各加盟団体(都道府県の陸上競技協会)の主催する新規取得者対象の講習会を受講し、テストを受け、さらに実技研修を受けて一定の基準に達した者が日本陸上競技連盟に公認審判員として報告され、連盟から委嘱を受けることになる。なお、日本学生陸上競技連合に登録している学生競技者は、同連合が主催する講習会を受講することで取得できる。

以下はB級の概要。


■詳細情報
受験資格: 18歳以上で、加盟団体または陸上競技クラブの登録会員
講習科目・講習日・講習地: 各都道府県の陸上競技協会へ問い合わせのこと
受講料: 1,000円〜2,000円


■問い合わせ先

(財)日本陸上競技連盟
住所:〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL:03-3481-2300




審判員